女性のための髪の基礎知識-薄毛治療・HARG療法なら、横浜中央クリニック。

横浜中央クリニック

受付時間9:30−20:00 0120-072-545

無料相談メール 無料カウンセリング予約

  • ホーム >> 
  • 髪の基礎知識

女性のための髪の基礎知識

薄毛になる理由

加齢、ストレスなど、女性も様々な原因でヘアサイクルが乱れます。

加齢変化と性ホルモンバランス

女性の薄毛や抜け毛の原因として上げられるのが、加齢とホルモンバランスの崩れがあります。

お肌と同じで、髪にも“曲がり角”があります。髪の密度は20歳がピークで、太さのピークは35歳と言われています。30代後半から髪のうねりが気になり始め、40歳前後から抜け毛や薄毛といった髪の悩みを感じる人が増えています。

また、出産や更年期といったホルモンバランスの崩れが原因で薄毛や抜け毛を悪化させる場合もあります。

薄毛対策は日常生活から

日常生活を改善して、内側から薄毛予防、本当の予防対策を行いましょう。薄毛予防・対策はこれから生えてくる髪に対して行うものです。食生活のバランス、良質な睡眠、適度な運動、ヘアケアに気をつかい、ストレスをためないようにしましょう。

食生活を見直しましょう

食事のバランスには気を使いましょう。髪の毛の主な原料はタンパク質です。しかし栄養状態が悪いと髪のタンパクは失われてしまいます。さらに新陳代謝を活発にしてくれる成分が亜鉛ミネラルです。亜鉛ミネラルを摂取し新陳代謝が良くなれば血行促進ですね。これらの栄養を補給することで髪の毛の成分を作り出してくれます。摂取は必要ですができるだけ食事時間にも気をつけましょう。毎日、できるだけ同じ時間帯に食事をすることも大切です。
〜 毛髪の成分や細胞の老化防止、育毛促進に有効なビタミン等 〜

生活習慣に気をつけましょう

睡眠

睡眠は髪の毛にとって、たいへん大事なことなのです。睡眠を十分とりましょう。そして、できるだけ就寝時間を決めましょう。そうすることで体が自然と就寝時間と起床時間を覚えてくれます。体に覚えさせるくらい毎日のリズムを作ることで、より一層効果的となります。

ストレス

ストレスを感じると人間の体は反応することを知っていますか?ストレスを感じると体内の血管が収縮します。そして血液の循環が悪くなります。そうすると…髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまうのです。ストレスは目でみて気づくことではありません。知らず知らずのうちにストレスを感じ、気づいたら…なんてことにならないように日頃からストレス発散を心がけましょう。

運動

適度な運度は全身の機能を高め、育毛促進にもつながります。特に、有酸素運動を続けると心拍機能が強化され、末端の血液循環が改善し、新陳代謝が活発になります。新陳代謝とは細胞のリニューアルのことで、頭皮の発毛環境を整えるために欠かせないものです。もちろん頭皮だけではなく、からだ全体の若返りにもつながります。また、運動による心地よい疲労感が質の良い睡眠をもたらしてくれます。

お酒

アルコール類は抜け毛予防にとって一概に悪いとは言えません。個人差はあるものの少量であれば、体にとってもむしろ良いものであると思われます。頭皮にとっても同様で、適度であれば血行促進効果が期待できるため良いと言えます。ただし、アルコール類には依存性があり、適量を超えて摂取することは体に害を及ぼします。特に抜け毛予防の観点からみても、タンパク質の生成源である肝臓へのダメージは望ましいものではありません。

たばこ

百害あって一利なし、いわずと知れたことですが、タバコには良いところはありません。抜け毛予防の観点からみても、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させることから血液循環の低下を促します。

ヘアーケアー

正しい洗髪の仕方

ブラッシング
ブラッシングし、汚れや髪の絡まりをとります。
素洗い
少し熱めのお湯(皮脂の落ち具合が良くなる)で髪・頭皮を濡らし流します。
シャンプー
シャンプーは2回洗いしてください。手にシャンプーをとり、手の上で泡立ててから頭皮・髪を洗ってください。一度目のシャンプーは表面上の汚れを落とすつもりで軽く洗い、二度目のシャンプーで頭皮を優しくマッサージしながら洗うようにしましょう。
すすぎ
すすぎはしっかり行ないましょう。シャンプーが残っていると、”フケ”や”かゆみ”のもとになります。
リンス
リンスをする場合、頭皮に付かないようにしましょう
ドライ
吸水性の高いタオルでしっかり水分をとりましょう。
育毛剤
適量を手にとり、マッサージするように気をつけてください。
ドライヤー
水を含んだ状態にすると雑菌が繁殖します。ただし過度な熱を加えると髪(キューティクル)は痛みやすくなるので、適度に乾かしましょう。
整髪料
あまり好ましくありません。整髪料の多くは「界面活性剤」と呼ばれる成分を含んでいます。この成分は、髪をなめらかにしたり、柔軟性を持たせる働きがありますが、マイナス面もあります。髪の毛をつくるタンパク質を奪い、枝毛や髪の毛が細くなる原因にもなるのです。

『無料メール相談』『無料カウンセリング予約』はこちら

ページのトップへ